クラミジアに効くジェネリック医薬品はたくさんある

2020年02月17日

海外から医薬品を個人輸入して病院に行かないで性器クラミジアの治療をする場合には、アジスロマイシンを有効成分とするジェネリック医薬品のアジーを飲む方法が一般的です。クラミジア感染症の治療をする場合、アジー(アジスロマイシン)以外にも効果のある治療薬がたくさんあります。アジスロマイシンで治療に失敗したり、咽頭クラミジアに感染している場合には別の抗生物質を飲む必要があります。

ミノサイクリンやレボフロキサシンなどの抗生物質も、クラミジアの治療に用いられます。これらの抗生物質は、アジスロマイシンが効かない場合にも効果的です。

ミノサイクリンを有効成分とする先発医薬品はミノマイシンですが、ジェネリック医薬品としてディバインという薬があります。ディバイン服用方法・効果・副作用はミノマイシンと同じで、クラミジア感染症以外にニキビや細菌性の気管支炎にも効果的です。ミノサイクリンはペニシリン系・セフェム系抗生物質が効かない細菌にも幅広く抗菌効果を発揮するので、細菌感染症の治療に便利です。

レボフロキサシンはニューキノロン系の抗生物質で、性器クラミジアに対して高い治療効果を持つことが確認されています。レボフロキサシンを有効成分とする先発医薬品はクラビットで、咽頭クラミジアの治療にも使用されます。レボフロキサシンが配合されたクラビットのジェネリックに、レボクインという薬があります。レボクインにもクラビットと同じ量のレボフロキサシンが配合されているので、服用方法や薬の効果・副作用は先発薬のクラビットと同じです。

レボクイン(クラビット)は泌尿器・生殖器だけでなく、呼吸器の病気に高い効果を発揮します。臨床試験では、急性気管支炎・慢性呼吸器失疾患の二次感染に対して100%の有効性が確認されています。咽頭炎・扁桃炎や肺炎についても90%以上の高い有効性が確認されているので、風邪をひいたり、免疫力が弱くなった時に雑菌が原因で発症する扁桃炎や咽頭炎(のどの腫れ)にも対応できます。

ちなみにディバインやレボクインの製造メーカーはCipla社で、インドの製薬メーカーです。これらのジェネリック医薬品は日本国内で薬事承認されていないので病院などで処方されませんが、安価で購入できることから海外では幅広く使用されています。

性病や他の感染症は海外でも多くの患者がいますし、日本のように医療保険制度が整っていない国もたくさんあります。高額な医療費を負担することができない発展途上国に住んでいる人々は、安価なジェネリック医薬品を自分で購入して病気の治療をするケースが少なくありません。そのため、海外には手頃な値段で入手可能なジェネリック医薬品が多く出回っています。先発医薬品と比べて4割かそれ以上安く販売されているので、病院に行かずに自分で治療薬を購入して病気を治したい人におすすめです。これらの薬は性病以外の感染症の治療にも利用できるので、数回分をまとめて購入しておくと便利です。